幻日幻月環

作成した伺かの更新情報などをつぶやくところ

頑張った

ロスト・ユー・サムウェア、更新しました。

更新:
触り判定追加、肩(master限定)
切り替え反応追加

触り反応は、頑張ったよ・・・。
条件次第で、デレます。一瞬だけど。
条件を満たせば、肩の下ころころ反応から、触り連鎖反応が出現します。
斜め上の反応なら行くとこまで行ってやれ。そんな丑三つ時の開き直り。
以前のデレモードを知ってる方は目にしたと思いますが、一部反応がピンクのバルーンで表示されます。

切り替え反応は、りすなさまの「クニグンデ乃至は屍の王女」さんに。
うちの子に切り替えをつけていただいていたのを確認したので、お返ししました。
最近公開された、ファンタジーゴーストさん。
ユーザーさんへのアプローチ方法、ソロゴーストで\1側をシステム的な補助に使う点など、ちょっと親近感を感じます。
ファンタジーの世界を舞台とするところも同じですが、逆に、そこに大きな違いがあります。
それは、世界をまるまるひとつ定義したハイ・ファンタジーであること。
国、種族、信仰を始め、言語などまで事細かに設定なされています。
対して、うちの子は、史実に少しファンタジーを混ぜ込んだロー・ファンタジー。
コンセプト記事での対比する対象として使わせていただきたいところですが、さすがに自分のゴーストを紹介するのに人様のゴーストをだしに使うのは気が引けます。
閑話休題。死体を扱う技術に長けた、肉術師という職種につくクニグンデさん。
旅をしており、起動するたびに世界をあちこち移動していることを確認できます。
世界観、ハーブなどを中心に、肉術師という職、そして生まれついて肉術師として生きてきた彼女の考えを聞くことができます。
人とは違う価値観を持つ彼女ですが、それゆえに魅力的です。
彼女が世界を巡る旅について、耳を傾けてみましょう。
それは冒険譚に聞こえるかも知れませんし、放浪する民としての日常に聞こえるかも知れません。
どちらにせよ、彼女との旅を楽しめるでしょう。

拍手返信は続きから。
----
拍手返信
----

拍手くださる方、ありがとうございます。
暑い夏の日差しから帰宅して一気飲みする麦茶のような幸せを感じます。

>ルストリカは可愛いなぁ! …そういえば妖精は珍しくもないみたいですが、チェンジリングとか起きてるんでしょうか

ありがとうございます!
可愛いと思っていただけたなら幸いでございます。
そして、妖精はそれはもう現役ばりばりなので、チェンジリングも当然のように起きています。
きっと今日も、麦束を3つ燃やしたのち、「うちの子を返さないとこの丘を焼きつくすぞ!」という脅しや、卵の殻で酒をつくる真似が行われていることでしょう。
しかし毎度律儀に「卵の殻で酒をつくるところなんて初めて見た」と驚く妖精さんが若干可愛く見えてきます。

>SirOさま
>白シェルですか…
黒正面党員が見逃すわけだぜ!
さあ、お着替えしましょうねぇ…


脱がすとかエロい!
お尻とふとももは白シェル限定ですね。腋と肩はいまのところ黒シェル限定です。
白シェルは修正する気力も時間も足りなかった・・・!
もう肩は黒シェル限定でもいいかな・・・。

>尻>スカート捲りのコンボが好きです

ありがとうございます!
怒り始めますけどそれがいいのでしょうか!
ぷんすかしてるところをニヤニヤする感じですね。
あれ、なんか幼児に対する感覚と同じ・・・?
一応大人(本人証言)なので、たまにはレディっぽく扱ってあげてください。
きっと赤面してあわあわすると思います。

>体液が酒@純米大吟醸飲みたいさま
>連作障害はじゃがいも植える→収穫→クローバー(牧草の類)→クローバー等をすきこむ→2ヶ月ほど放置(その間に灰を入れたりするといい)っていうのが比較的簡単かも。あと、じゃがいもに植える時灰をまぶしたりもするよ~。そもそも、じゃがいも(さつまいもも)は少ない栄養で育つから広く知れ渡ったわけだし。あ、ちなみに麦のたぐいも痩せた土地でも気候さえ合えば何とか育つから牧草みたいに植えてもいいらしいよ。
ルストリカの手の甲にキスしたいお( ^ω^)
あ、でもヨーロッパでは忠誠を誓う時以外だと告白の時にするんだっけか?うむむむそう考えると無理か?


また高い酒を!
なんか1万円以下の酒は飲まない感じっぽい雰囲気が!お金持ちだー。
じゃがいも自体が年に2度、特に春から夏にかけては連続で収穫できますが、それくらいなら連作障害も出ないんでしょうかね。
灰による土で消費された栄養の補給が有効なわけですね。
ただ、問題がひとつ!
うちの子は設定上、主食となりえるものを自給する予定は無く、自分も一切農業する気はありません。
農業知識はゴーストにも自分にも不要と判断したため調べていないのであって、特に必要とはしていないのです。
イギリスではライ麦が生育されていたことなどは、一応調べてはいます。
そして、手の甲へのキスの解釈、中世のものですね。
近代に入ると、ひざまずいて手の甲にキスすることは、社交会においてのみ行われる、儀礼的なものとなりました。
男性から女性への愛情を示す意味合いはありますが、うちの子は告白というよりはお姫様扱いされている、という風に感じると思います。
灰についての話題も出たことだし、かぼちゃの馬車とガラスの靴を用意だ!

>ユーザさん達の要望でルストリカさんがどんどん敏感な子に。
このままどんどん敏感になってもらおう!
肩下ころころで抱き寄せるとかどうですかね。
抱き寄せた後に頭撫でとか目撫でとか口なでとか頬撫でとかもあればうれしいです。
注文多くてごめんなさい。


はい!実装しました!
抱き寄せてからの連鎖反応は、頑張りました。
数個しかないけど!
書くのにものすごい時間かかってしまって数は稼げませんでした。
とりあえずユーザーさんの好みにあうように書いたつもりだけど、斜め上行ってるかも知れません。
やはり触り反応は難しいです。

----
要望は、今後、採用率を下げます。
ばっさり切ることもあるかと思いますが、ご了承ください。
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する